Tuesday, November 22, 2011

平日


この修正を提出すれば、
私の2011年はほぼ終わりだと思っている。

いえいえ、まだまだあと1か月、
まだまだ今週だって楽しいお仕事をいくつか残しているのだけれどね。

なんか2011年の自分の締めくくりと思えるような
少しいつもよりボリュームのある仕事を
そして情熱を(過剰に)注いだ仕事を
明日で終えるのでした。

話があっちこっちに行くけれどちなみに
気負いはダメね。
もうここ2か月弱、阿呆みたいに気負っていた。
(こんな性格だから片思いを実らせたことがない。)
まあ阿呆でも良いよね。
私は描くことがやっぱり好きです。
(でもこれからは気負いすぎないようにせめてあまり
外に言葉にしないようにしようと思った、あまりに嬉しくて張り切って
言葉にしたものだからその度に力が内に籠っていったのだとおもう)


明日はリフレッシュ、
ひさびさに東京の街にインプットも兼ねて
出掛けようと思います。
丸一日たくさん歩こうとおもう。

そう思うとワクワクしちゃって寝られないんだなー
あは。

子めだか親めだか・その続編?


あれっ、
似てる


・・・いいえ、これは
スールネさんのバスソルト。

(足湯用に)


子めだか

Monday, November 21, 2011

We Love Cat!



via vivetta


Rachel Antonoff via Style Rookies 


via Charlotte Olympia




via Leah Reena Goren


Verybrain via Boutique888


Maison Michel via Opening Ceremony


via Maiko Takeda

大石さちよ 「わたしのうち」展、と、すこし、考察みたいなもの


チコラータのデザイナーである大石さちよさんの
お洋服以外、陶芸と絵と照明の作品展へ、
行ってきました。

彼女の描く絵はアトリエに何度かお邪魔した時に
拝見していて、とくに引っ越し前のアトリエでは
玄関に飾っていたモザイク風のものが
私はとても好きだったのだけれど、


そして、引っ越した後かしら、ご自分でおうちの
照明を作っていた。
それがまたまたすごく好みで、
twitterでも「是非ともチコラータのインテリア部門を!」と
ラブコールも送ったりしていました。

なので今回の展覧会は本当に楽しみで。




ごめんなさい、細かい部分がかわいいのに、
光の逆光になってあまり伝えられていないかも…
造花や、絵葉書、キラキラした板、ビニールレースなど、
きゅんとするものがたくさんぶら下げられています。


(これまでのDMやカタログを集めて貼ったものも。
このヴィジュアルも毎回とっても楽しみにしています)

あーーー、
照明、本当に可愛かったな。
残念ながらタイミング合わず(今週ある絵を買ったのでした、
なので全体予算からそこに充てられなかった)
照明は購入しなかったのですが
今後も期待しています、こっそり。
大石さん、素敵な展示をありがとうございました。

(来シーズンの展示会に行きそびれていたので、今回も
置いてくれていて良かった!へなちょこなペア(洋ナシ)のバッグと、
キャットのTシャツを予約して帰ってきましたわん♡)




大石さんのあの軽やかさは見ていて本当に気持ちが良い。


軽やかさ、てのは、
ジャンルを飛び越えられるとか、そういう狭義のことでなく、
制作に対する健やかさ。
少し前にROOMSで再会したTamasのスズキさんにもそれは感じられた。

自分もできるだけ常にそうありたい。

(色んなひとの色んなものとの接し方があるとは思うのですが、私は、)
軽やかに笑ってひょうひょうモノを作っていきたい。
光の方向へ常に顔を向けていたい、

そう思います。

Saturday, November 19, 2011

子めだか親めだか


少し前にお邪魔したデザイナーさんのお宅にて、
子めだか。
かわいい!

親めだかは丸い(いわゆる金魚鉢的なのじゃなくて、
どちらかというと大判焼き型、平べったい円柱)
の中を泳いでいました。
あの水槽具合は素敵だったな。

(私は飼うなら犬です)

Ulyana Sergeenko

 




 

先日何をしていたときか、胸を打ち抜くブランドに出会った。
Ulyana Sergeenkoというロシアのブランド、
Sretsis以来の衝撃!
Sretsisが南の楽園ならこちらは雪国のファンタジー?

コレクション全体の雰囲気もぐっと引き込むものがあるけれど
小物類も本当に可愛くて、欲しい!
(というか自分のワードローブとも考え合せて、ね)

デザイナーは同名、Ulyana Sergeenkoという女性。
どうやらこの秋冬がデビューコレクションで
それまでの肩書はフォトグラファーでありファッショニスタ、
と書いてある記事もあった。

このセクシーでエレガントな赤ずきんを見てたらなんだか
リボン氏の『ワカメちゃんが大きくなったら
を思い出したな。


彼女自身もとっても美しくて、お洒落。
あああ、ますます気になります...

UKのVOGUEでもスナップされていましたよ。





ちなみに私のベストルックとウィッシュリストはこちら!


このルックが一番好きです。
そしてベルトもバッグもブーツも全部欲しい。


このふわふわのカマーベルト?コルセット?


バッグ、大きいのも良いね。


このコート!ファニーだけど美しい。

このブランドの取り扱いについてや彼女のこと、
もっと知りたい。

自身のオフィシャルページはこちらです。

Sunday, November 13, 2011

ore


(via tumblr.com

鉱石に惹かれます。

宝石にはない、美しい部分とそうじゃない部分を
併せ持っているからかな。



先日山下陽子さんの作品展をLIBRAIRIE6に観に行った際に
鉱物サンプルがひとつひとつバラになったものが売られていたので
喜び勇んで買い求めました。

CHRYSOCOLLIA
CELESTITE
RUBELLITE
CALCITE
OPAL
HEMATITE

組み合わせを考えるのが楽しかった。



我が家の飾り棚コーナー、只今テーマは「自然」。
鉱石、球根、実、花。

food and dish





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...